トップページ 市同研関連資料 小郡市同研 設立趣意書

小郡市同研 設立趣意書

 

小郡市人権・同和教育研究協議会設立趣意書

 

 私たちは常に平和で、健康で、文化的な生活をしたいと願っています。

 それにもかかわらず、私たちのまわりには、いろいろな形で人権侵害や不当な差別があります。たとえば、男女の差別、学歴、職業、貧富による差別などですが、なかでも部落差別は、結婚、職業、住居、教育などに根強く残り、いまだに基本的人権が、不当に侵害されている実態があります。こうした差別が尊い生命を奪ったという事例が各地にあります。

 部落問題は、被差別部落の人々だけの問題ではありません.部落差別をなくすことは、他の多くの差別もなくし、民主主義の土台をゆるぎないものにすると同時に、明るく住みよい小郡市をつくりだすことにもつながるものであります。

 そのために、小学校入学以前の就学前教育、学校教育、家庭や職場を含めた社会教育など、市民全体が「同和」問題の正しい理解と認識を深める必要があります。

 したがって、このたび「小郡市同和教育研究協議会」を発足させ、市民一丸となって「同和」教育の学習・推進を図ろうとするものであります。

 この趣旨を多くの市民の皆さんが十分ご理解、ご賛同いただきまして、ひとりでも多く本会にご加入くださいますようお願いいたします。

 なお、本会では次の部会を設けて、それぞれの立場で所期の目的達成に当たる所存であります。

 

1.就学前教育部会 

(1)幼稚園および保育所(園)の職員などを主として、各所(園)における「同和」教育の研究実施を行っていきます。 

(2)関係諸団体や関係学校との連携をはかり、保育内容や就学前教育の充実・推進をはかっていきます。

 

2.学校教育部会 

(1)学校の職員などを主として、各学校における「同和」教育の研究実践を行っていきます。 

(2)子どもの生活をみつめ、そこからの教育の課題を明らかにし、具体的な授業実践を通して、その認識を深めていきます。 

(3)関係諸団体との連携をはかり、学校「同和」教育の充実・推進をはかっていきます。

 

3.社会教育部会 

(1)社会教育団体および職域などを主として、家庭や職場、また地域社会での「同和」教育のあり方などを話し合い、研究実践を行います。 

(2)部落問題の正しい理解と認識を深めるため、積極的に地区の実態に学ぶとともに、学習会への参加をはかっていきます。 

(3)関係諸団体との連携をはかり、社会「同和」教育の定着をはかっていきます。

 

4、行政部会 

(1)行政職員として、部落問題をはじめとする人権問題解決に対する一層の自覚を高めるとともに、差別のない明るいまちづくりにむけ、主体的に研究活動を行っていきます。 

(2)部落問題の正しい理解と認識を深めるため、積極的に地区の実態に学ぶとともに、学習会への参加をはかっていきます。 

(3)関係諸団体との連携をはかり、人権確立にむけた行政の充実をはかっていきます。